ウェルスナビで投資してみた。運用実績を公開【2021年Ver.】

WealthNavi
スポンサーリンク

ふぁ〜(΄◉◞౪◟◉`)

ひらーきです。(@hiraakitan)

 

これから資産運用を始めようと思うなら選択肢の一つとなる「ウェルスナビ」

 

2020年1月には27万口座を突破、そして2021年1月に36万口座突破と利用者はどんどん増えています。

 

当ブログでは実際の運用実績を10日ごとに更新しているので参考になればと思います。

 

●ウェルスナビの利用を考えている
●ロボアドバイザーの実力を知りたい
●実際利用している人の成績を見たい
●当ブログ管理人の生存確認ができる

 

【開始〜2020年末】の経緯

元本 評価額 評価損益 投資来損益
10日目(2018年9月開始) ¥1,000,000 ¥1,005,722 ¥5,722 ¥5,722
110日目(2018年12月) ¥1,000,000 ¥886,520 -¥113,480 -¥113,480
120日目(2019年1月) ¥300,000 ¥182,784 -¥29,003 -¥117,216
470日目(2019年12月) ¥300,000 ¥227,886 ¥16,099 -¥72,114
480日目(2020年1月) ¥300,000 ¥226,320 ¥14,533 -¥73,680
830日目(2020年12月) ¥350,000 ¥317,314 ¥48,776 -¥32,686

 

これまでの経緯をざっくりと
2018年9月→元本100万円で開始(積み立てなし)
2018年12月→70万円を途中解約(10万円くらいの損切り)←ばか
2020年4月〜5月→合計12万円を4回に分けて入金
2020年10月中頃→7万円を途中解約

*ウェルスナビのパフォーマンスは「評価損益」を参考にしてください。

「投資来損益」は、私の愚かな1部途中解約(2018年12月)によりもたらされたものです・・気にしないでください・・

 

投資来損益とは・・

投資来損益とは・・

投資来損益=①評価額➖(②合計入金額➖③合計出金額)

830日目の時点でみると
①評価額→317,314円
②合計入金額→112万円
③合計出金額→77万円
これで計算すると、投資来損益=マイナス32,686円がでます。
ナンシー
ナンシー

あーもうややこしいわっ

ひらーき
ひらーき

ここの部分はスキップしてくれてOKです

ウェルスナビ(Wealthnavi)資産推移【2021年】

 

元本 評価額 評価損益 投資来損益 損益率
840日目(2021年1月) ¥350,000 ¥320,513 ¥51,915 -¥29,487 19.33%
850日目 ¥350,000 ¥330,050 ¥61,452 -¥19,950 22.88%
860日目 ¥350,000 ¥332,766 ¥64,168 -¥17,234 23.89%
870日目(2021年2月) ¥350,000 ¥335,102 ¥66,504 -¥14,898 24.76%
880日目 ¥350,000 ¥344,462 ¥75,864 -¥5,538 28.24%
890日目 ¥350,000 ¥340,700 ¥72,102 -¥9,300 26.84%
900日目(2021年3月) ¥350,000 ¥339,254 ¥70,656 -¥10,746 26.31%
910日目 ¥350,000 ¥352,162 ¥83,564 ¥2,162 31.11%
920日目 ¥350,000 ¥346,075 ¥77,477 -¥3,925 28.84%
930日目(2021年4月) ¥350,000 ¥360,015 ¥91,417 ¥10,015 34.03%
940日目 ¥350,000 ¥360,519 ¥91,921 ¥10,519 34.22%
950日目 ¥350,000 ¥361,651 ¥93,053 ¥11,651 34.64%
960日目(2021年5月) ¥350,000 ¥365,476 ¥96,880 ¥15,478 36.07%
970日目 ¥350,000 ¥360,409 ¥91,811 ¥10,409 34.18%
980日目 ¥350,000 ¥365,155 ¥96,557 ¥15,155 35.95%
990日目(2021年6月) ¥350,000 ¥375,666 ¥107,068 ¥25,666 39.86%
1000日目 ¥280,000 ¥302,984 ¥84,897 ¥22,984 38.93%

 

ウェルスナビ運用実績【2021年6月】

 

2021年6月14日

運用開始から1000日目は

評価損益→プラス84,897円(38.93%)

投資来損益→プラス22,984円

 

前回宣言したとおり、7万円分を出金いたしました!!!

81,300円分が売却され、7万円が銀行口座に振り込まれていました。

6月4日に出金依頼を行い、6月10日に銀行口座に入っていたので1週間かからなかったですね。

 

そして新たに買い付けが

 

ウェルスナビは米国ETFを扱っているので、ドル円の為替の影響もあるのか、出金依頼した額面より少し多めに売却し、税金を差し引いて余った金額で新たに買い付ける感じですかね。

 

評価額30万円を基準に、もし36万円になったら6万円を出金、もし24万円になったら6万円を入金するという勝手に決めたルール。

 

さてさて、どっちになるか、どれくらい時間がかかるか、気長に待ちたいと思います。

 

ナンシー
ナンシー

その前にウェルスナビをやめてるという可能性も・・

ひらーき
ひらーき

ないとは言えない・・

2021年6月4日

運用開始から990日目は

評価損益→プラス107,068円(39.86%)

投資来損益→プラス25,666円

 

評価損益が初めて10万円を突破!!!

 

キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

 

評価損益率プラス約40%、いやー続けてきて良かったわ・・・

 

ここで思い出したのが2020年4月に決めたルール

評価額30万円を基準に36万になったら6万円利確、もし24万円に下がってしまったら6万円入金すると言うルール

 

実は2020年10月に1度決行している。

当時、評価額が37万円になっていたので7万円を利確した。そしてこのルールのことを改めて書いた。

 

2〜3日後、ウェルスナビのアフィリエイト提携解消の連絡がきた・・・

理由は何も述べられていなかったが、原因はこんなルールはウェルスナビの運用方針と全く違うからだと自負している。

 

ひらーき
ひらーき

苦い思い出や・・・

 

しかも実際、2020年10月時点よりも現在は評価額はどんどん上がっている、つまりあの時の利確はもったいなかったのだ。

 

でももうダメ、今現在の評価額が約37万まで来てしまった。また7万円を利確しろと心がザワザワしている。

 

ひらーき
ひらーき

自分の心にしたがうわ・・

 

7万円出金ボタン、ポチり!!!!!

ナンシー
ナンシー

あ〜あ・・

*このような方法は参考にしないでください。ウェルスナビは20年30年と超長期での運用が基本です、出金(利確)するのはお金が必要になった時です。

私のように度々出金するものではありません。

 

2021年6月の分配金・手数料

 

手数料→341円

 

分配金→米国債券(AGG)より17円

 

ウェルスナビ運用実績【2021年5月】

 

2021年5月24日

運用開始から980日目は

評価損益→プラス96,557円

投資来損益→プラス15,155円

 

うん、4月〜5月の評価損益はあまり動きがありませんね・・

 

日本でもコロナワクチンがようやく、よーーーやく、接種が本格的に始まり出しました。

高齢者から優先なので若年層に回ってくるのはいつ頃なのか分かりませんけど、接種率が高い国では明らかに感染者の数が減ってきているので、日本の経済活動正常化にも少し希望が見えてきたのかな?と感じます。

 

ところでワクチンなんですけど、打ちたいですか??!

私は打ちたくない派です。なーー〜ーーんか怖い、こんなに速攻で作られたワクチンほんとに大丈夫なの?!って感じてしまう。

 

そのうち8割くらいの人が接種したら、もう打たなくてもいいんじゃないのかななんて。

 

一つ懸念としては、この先おそらくワクチンを接種した人の割合が多くなり、打ってない人は少数派になる。そうすると、打ってない人への差別や同調圧力が出てくるのではないかと思うのです。

 

まー、それを感じて居心地が悪いようであればサクっと接種しますけどww

その圧をはねのける程かたくなに嫌と言うわけでもありません。

 

ひらーき
ひらーき

のらりくらりで生きていくんや

2021年5月14日

運用開始から970日目は

評価損益→プラス91,811円

投資来損益→プラス10,409円

 

米国株はおおむね堅調に動いていますが、日経平均が5月11日〜13日で大きく下落し、3日間だけで約2,000円も下げ、28,000円を割り込み約27,400に!!!

 

今年に入っても去年末からの上昇を引き継ぎ、いっとき3万円を超える場面もあったものの、あっという間に1月初めの水準まで戻ってしまいました・・・

 

本日5月14日は反発し28,000円を取り戻して終了。ちょっとボラが大きくなってきたような気もしますね。

 

私は長期投資もやりつつ、短期売買にも挑戦しています。

 

長期投資のメリットとしては、日々の株価の値動きが気にならず完全放置で心穏やかでいられることです。(心穏やかでいられる、これは投資をやる上でめちゃ大事なことと感じます)

デメリットとしては「退屈」です、心穏やかでいられることがメリットなのに矛盾もありますが・・

 

一方、短気売買のメリットは、何でもない日常にピリッとした緊張感が生まれます。平日毎日にスパイスが効くって感じでしょうか(投資って言うより投機ですね・・)

 

デメリットは日々の株価に一喜一憂し疲れます、メンタルやられます。しかも損失の方が大きいので余計に・・

 

心穏やかでいたいのにそれを「退屈」だと感じ、メンタルやられながら日常にスパイスを求めている、、

ひらーき
ひらーき

まだまだ気持ちが若いってことか!?

2021年5月4日

運用開始から960日目はプラス96,880円(36.07%)

 

今日は5月4日でゴールデンウィーク真っ只中、日本の株式市場もお休み中です。

 

日本では、新型コロナ感染者が増え続けている感じですが、米国ではワクチンの普及が進んでおり、州によっては商業施設や集会の収容人数の規制を撤廃する見通しも出てきて、経済正常化が加速しそうだと言われています。

 

そのため米国の主要株価指数はいい感じに上値を目指してますね。日経平均は3万円を一時突破したものの、また3万円を割り込んだ後は軟調な動き。

 

5月に入り、「セルインメイ」と言う格言もあります、そしてゴールデンウィークがあけてもまだまだ決算発表が待ち受けています、日経は果たして3万円をまた取り戻せるのか!!

 

2021年5月の分配金・手数料

手数料→325円
分配金→米国債券(AGG)より18円

ウェルスナビ運用実績【2021年4月】

2021年4月24日

運用開始から950日目はプラス93,053円(34.64%)

 

4月のウェルスナビの成績は横ばい状態でほぼ変化なし。

 

ナンシー
ナンシー

たいくつですわ・・

ただ、しばらく動きのなかった日経平均が今週は大きく下がったり上がったりとボラティリティが出てきたような印象です。

 

決算発表シーズンに入ってきたところですが、あまり動きがなかったのは決算を確認したいと手控えムードもあったのでしょうか。

 

米国では大きなニュースがありましたね、バイデン大統領が富裕層に対しキャピタルゲイン税の税率を現在の約2倍となる39.6%に引き上げる提案をする見通しと。

 

キャピタルゲインとは株や債券などを売却して得られる利益のことで、例えば100万円の利益が出た場合、約40万円を税金として納める事になるわけですから、「えっ・・・、うそん・・・」って感じですよね。

 

そして、これは富裕層に対してという事で、所得が100万ドル(約1億800万円)以上の個人が対象となるとか。

 

うん、まあほとんどの人に当てはまらんな、という気もしますが、こういった大口の投資家が「もうやってられない」なんて言って、株から資金をひきあげる事も考えられ、株式市場にはよくない影響を与えるのではないでしょうか。

 

ひらーき
ひらーき

利益の半分近くを税金で持っていかれるなんて、あり得ないんですけどーーー

 

2021年4月14日

運用開始から940日目はプラス91,921円(34.22%)

 

正直言って、10日ごとにウェルスナビの成績を載せて、それにコメントをしていくことに限界を感じ始めています( ゚д゚)

 

特に今回は10日前とほぼほぼ変化がなく、パソコンの前で固まっているのです。

 

NYダウやS&P500は最高値を更新し続けているのですが、日経平均はヨコヨコと言った感じでしょうか。

 

日に日に強くなっていく、「もうウェルスナビに頼らなくても自分でETFか投資信託を積み立てれば良いじゃない」という気持ち。

 

投資の「と」の字も知らない時に勢いで、なんか全部おまかせでやってくれるみたいだしで始めてはや2年半。

 

これから投資を始めてみたいけど、何をどう始めたら良いのかわからない、そんな当時の私のような人であれば入門編として良いかもしれない。でも、でもですよ、少し時間が経てば気づいてしまうのです、あれっ、これ自分でもできるよな・・って・・・

 

投資自体に興味を持ち、調べること勉強することが苦でなければウェルスナビを使う必要なし!!

 

一方、これと言って勉強したくはない、その時間は別のことに使いたいという人にはアリ!!

 

ナンシー
ナンシー

結論が出たようです

 

2021年4月4日

運用開始から930日目はプラス91,417円(34.03%)

 

素晴らしいですね、順調そのもの!!

 

今年1月4日時点の評価損益が51,915円、今日4月4日時点では91,417円とたった3ヶ月で大きく上昇しています。

 

投資来損益も再びプラス圏へ戻ってきました。

 

ウェルスナビを始めて2年半、評価額がマイナスの期間が長かったこともあり、「これ本当に、やる意味あるのか??」と思う時期があったのも事実。

 

でも時間が経てば経つほど、お金を全て銀行に預けておくのは面白くないと感じてしまいます。毎月安定して収入があるのであれば、当面の生活費プラスαは預金しておいて、残りはどんどん投資に回していきたいところ。

 

ウェルスナビの手数料は年率1%も取られてしまうので、慣れてきたら自分自身でETFや投資信託を買い付けていくのも良いですね。

 

ひらーき
ひらーき

投資来損益がもう少しプラスになってきたらウェルスナビを卒業しようかな

 

2021年4月の分配金・手数料

手数料→322円
分配金→米国株(VTI)より295円
→不動産(IYR)より63円
→米国債券(AGG)より27円

 

ウェルスナビ運用実績【2021年3月】

2021年3月24日

運用開始から920日目はプラス77,477円(28.84%)

 

前回、投資来損益がプラスに転じて喜んでいたのもつかの間、マイナスへ戻りました・・

米国株も日本株も昨日今日と大きく下げてるんです。。。

 

日本では3月21日に緊急事態宣言が解除され、コロナ感染者も一応は減少していると感じます。

 

しかし外に目を向けると、ドイツでは変異株のまん延を受けてロックダウンを延長、フランスやイタリアの一部地域では行動規制を強化、まだまだ経済の正常化には遅れが出そうだと、リスク回避の姿勢が強まっているようです。

 

最近、テレビのニュースではあまり他の国のコロナ感染がどうなってるのか見なくなったような気が・・それとも自分自身があまりニュースを見てないのか・・

 

2021年3月14日

運用開始から910日目はプラス83,564円(31.11%)

 

キターーーーーーーーーー

( ゚д゚)

 

つっ、ついに、、この日が、、、

投資来損益がプラスに転じました・・

 

2年前に行なった、10万円以上の損失確定を経て、ようやくトータルでもプラス2,162円に。

 

当初100万円で始めたウェルスナビ(2018年9月)、右も左もわからず、たった3〜4ヶ月で評価額がマイナス10万円以上になり、なんだか怖くなって70万円分を解約したのが2018年12月(バカっ!!)

 

その後じわじわ回復してくるも、2020年3月にはコロナショックでまた大きくマイナスへ。しかしこの頃の私も少しは成長していた、大きく下がった時こそ買い増しのチャンスと考えることができるようになり、12万円ほど入金した。

 

そしてコロナショックから1年、NYダウも日経平均もコロナ前よりも高い水準へ。

あ〜感慨深い、長かったわ・・超長期20年30年を前提とした投資と考えると、まだ2年半しか経ってないんだけども。

 

最初はちっとも気にしていなかった1%というウェルスナビの手数料。何もかもお任せでほったらかしでいいし、1%くらいいいじゃないって思ってたけど、少しずつ投資に触れることで、この1%が気になるようになってきたのも事実。

 

ひらーき
ひらーき

さて、いつまで続けようか

2021年3月4日

運用開始から900日目はプラス70,656円(26.31%)

 

米国株も日本株も少し下げ気味になってきてますね。。。

 

この株価の下落の要因として、金利の上昇があげられているのですが、金利が上昇するとなぜ株価は下がると言われているのでしょうか。

 

金利が上昇すると、値下がりリスクのある株式よりも、元本が保証されている国債に投資をして利息をもらった方が安全だと考え、株から債券へ資金が移りやすくなるからだそうです。

 

例えば、先月2月25日に米国で長期金利が1.6%台まで上昇。

S&P500の配当利回りが1.5%くらいで金利がこれを上回り、米国株の売りが加速、翌日26日、日経平均は約1,200円大きく下げました。

 

株価って、為替やら、国同士のいざこざや、もういろんな事が要因となって動いているのですね。

ひらーき
ひらーき

もうややこしいわ

ナンシー
ナンシー

難しく考えずにウェルスナビさんにお任せや

2021年3月の分配金・手数料

 

手数料→286円
分配金→米国債券(AGG)より17円
→日欧株(VEA)より389円
→新興国株(VWO)より48円

ウェルスナビ運用実績【2021年2月】

2021年2月24日

運用開始から890日目はプラス72,102円(26.84%)

 

株高が続いています。

2月15日、30年と6ヶ月ぶりに日経平均が3万円を突破。

2月16日、30,467円をつけ3万円台をキープしていましたが、本日2月24日は3万円を割って29,671円に。

 

明日以降、すぐに3万円台を取り戻すのか、このまま調整に入るのか。

上昇が一服するなら、私の投資来損益がプラスになるのは一旦お預けかな・・・

 

10日前にはあと5,500円くらいまで迫って来てたので、期待してしまったけど、まー気長に待ちましょうかね〜

 

上がってくれたら嬉しいし、下がっていったとしても「入金チャンスだ、しめしめ」と思えるようになったので、どっちに転んでもよしっ(゚∀゚)

 

ひらーき
ひらーき

とは言え、短期売買で損失を出しているので入金余力はなしっ

(゚∀゚)

2021年2月14日

運用開始から880日目はプラス75,864円(28.24%)

 

キターーーーーーーーーーーーー!!!

 

とうとうここまできました。

投資来損益がマイナス1万円をきり、マイナス5,538円に。

 

愚かな10万円以上の損失確定から2年ちょいが経ち、ようやく、ようやく

 

トントンに近づいて

 

キターーーーーーーーーーーーー!!

 

 

ここで比較したいのが楽ラップとウェルスナビ。

楽ラップの運用実績をブログで公開【2021年Ver.】
ロボアドバイザーでおまかせ資産運用の「楽ラップ」 2020年3月からは最低投資金額が1万円から利用できるようになり、かなり気軽に取り組めるものとなりました。 では実際「楽ラップ」でどのように投資資...

 

私は楽ラップも使っていて、同じタイミングで同じくらいの損失確定をしている(アホ)のですが、楽ラップでは投資来損益が未だマイナス3万円くらいとなっています。

 

これはウェルスナビの方が優れているとかって事ではありません。

 

私は、ウェルスナビ→積み立てなし、楽ラップ→毎月1万円の積み立てを行なっています。

 

ただウェルスナビにおいては、2020年3月頃のコロナショック暴落後、4〜5月に12万円の入金を行いました。

 

3月末頃の損益率はマイナス20%以上と大きくマイナスになっていて、入金を行なった4〜5月にはマイナス7〜8%くらいまで大きく回復してしまっていましたが、毎月の定額積み立てよりもその時の入金が大きく効いている事になります。

 

結論としては、毎月の定額積み立ては行いつつ、評価額がマイナスになるような大きな暴落時には追加での入金も検討したいという事です。

 

ただし、暴落時はどこまで下がるのか、いつ回復するのかといった完璧なタイミングなど誰にも分からない事なので、一気に入金するよりも少しずつ分けて行うのが吉かと。

 

2021年2月4日

運用開始から870日目はプラス66,504円(24.76%)

 

いい感じに増えてきてます。

 

私は短期の株トレードにも挑戦しているのですが、まあー2020年ひどく損失を出しているんですよ・・・

【2020年株トレード】実績をブログで公開
2020年からスタートした株トレード、序盤はデイトレに徹していたものの中旬ごろからスイングも織り交ぜながら紆余曲折で1年を終えました。 その結果 マイナス約60万円 ...

 

もうホントに長期・分散・積み立てってすごいなーと感じています。

速攻でお金が増えるわけではありませんが、手堅い、堅実。

 

投資をした事がない人に勧めるならまずは積み立て投資!!

 

もし今後、株の短期売買で成功したとしてもそれは変わらないでしょう。

 

でも積み立て長期投資はやる事がなくてぶっちゃけ暇なんですよね・・

一方、トレードは日々の生活に刺激が生まれます。とは言え、日中株価が気になって仕方ない!!という状態は日常に支障が・・・

 

実際デイトレに挑戦していた頃、仕事中もスマホの画面を確認したくてしょうがなくなってました。

ナンシー
ナンシー

あれはもうギャンブル

今現在は自分自身、短期で損失を出しているので短期売買は決してオススメはできません!!!

ひらーき
ひらーき

短期で成功したらオススメしようか

2021年2月の分配金・手数料

 

手数料→305円
分配金→米国債券(AGG)より17円

 

ウェルスナビ運用実績【2021年1月】

2021年1月24日

運用開始から860日目はプラス64,168円(23.89%)

 

投資来損益がやっとマイナス約17,000円に・・・

ウェルスナビを開始して3ヶ月経った頃、当時100万円を入れて運用していたのですがあっという間に評価額は90万を下回り、始めたばかりの私は「ヤバイ、10万円以上もマイナスになってる!!」とビビってしまい、その時点で70万円分を解約し約12万円くらいの損失を確定しました。

 

ナンシー
ナンシー

ダサい、ダサすぎるわ

ひらーき
ひらーき

初心者あるあるだよねー

(いや、ないか・・・)

 

その時のマイナス12万円が、ようやくマイナス1万7千円にまでなったのです。

開始そうそう確定したマイナスが2年間経っても未だマイナス・・・

何やってんだろう、、、

 

コロナ暴落以後にウェルスナビを始めた人は、ずーっとプラスで推移しているかと思います。これから始めようという方は、もしかしたらこの先多少の暴落があって評価額がマイナスの時期を長く味わう可能性もあります。

 

でも言えることは一つ、「マイナスになった!!ヤバイ!!解約しちゃお!!」ではなく、「んっ、マイナスか!!よしっ、ちょっと追加で入金しとくか」というマインドになりましょう。

 

2021年1月14日

運用開始から850日目はプラス61,452円(22.88%)

 

損益率がドル建てでは30%を超えている。

 

ウェルスナビを始めて以来、最高の成績となっています。

 

途中で1部解約を2回ほど行なっているのですが、おろか・・、おろかとしか言えない。

●1回目→2018年末に10万円くらいの損失確定

●2回目→2020年10月に7万円を利益確定

 

ウェルスナビでは現金が必要となるタイミングまで解約しないのが基本ですし、実際に私は途中で解約した事で旨味を取り逃した結果となっています。

 

唯一良かった行動としては、2020年4〜5月ごろ評価損益が大きくマイナスになっている時に、追加で入金できた事でしょうか。

 

ウェルスナビを始めたての頃は、マイナスになったら嫌だ(まあ実際に嫌は嫌なんですけど)という考えでした。今現在はマイナスが大きくなったら入金のチャンスと思えるように変わりました。

 

私は積み立てをしてませんが、ウェルスナビでは積み立てをしている人がほとんどかと思います。積み立てをベースにしつつ、マイナスが大きくなった時には別に余裕資金をいれたいものです。

 

2021年1月4日

運用開始から840日目はプラス51,915円(19.33%)

 

円建ての評価損益率はプラス19.33%となっているが、ドル建てで見るとプラス27.44%!!

 

なぜこんなに違いが出るのかといえば、ウェルスナビでは米国のETF(上場投資信託)を買い付けて運用しているので、為替の影響を受けます。

 

今現在1ドル102.75円と円高傾向。

 

ちなみに、こんな事を言うのもアレですけど、ウェルスナビを利用しなくても自身でも証券会社の口座があれば上記にある米国株(VTI)、日欧株(VEA)といったETFを買うことは可能です。

 

いったん、円をドルに替える手間(大した手間ではないけど)がかかるけど、上記ETFを買い付けることで同じような運用を自分でもできてしまいます。

 

投資に興味を持って勉強し始めると、ウェルスナビに手数料持っていかれるのは勿体無いなとか思うけど、いろいろ調べたりするのは面倒だと言う方には、入金するだけであとはやってくれるウェルスナビもありだと感じてる今日この頃。

 

2021年1月の分配金・手数料

 

手数料→295円

 

 分配金→米国株(VTI)より323円

コメント

  1. […] ウェルスナビで投資してみた。運用実績を公開【2021年Ver.】 これから資産運用を始めようと思うなら選択肢の一つとなる「ウェルスナビ」 2020年1月には27万口座を突破、そして2021年1 […]