楽ラップの運用実績をブログで公開【2021年Ver.】

楽ラップ
スポンサーリンク

ふぁ〜(΄◉◞౪◟◉`)

ひらーきです。(@hiraakitan)

 

ロボアドバイザーでおまかせ資産運用の「楽ラップ」

 

2020年3月からは最低投資金額が1万円から利用できるようになり、かなり気軽に取り組めるものとなりました。

 

では実際「楽ラップ」でどのように投資資金が変化していくのか、当ブログでは10日ごとにアップしているので、少しでも参考になればと思います。

 

●楽ラップでの資産運用を考えている
●実際利用している人の成績を見てみたい
●当ブログ管理人の生存確認も兼ねている(@hiraakitan

 【開始〜2020年末】までの経緯

元本 評価額 評価損益 投資来損益
10日目(2018年6月開始) ¥1,000,000 ¥981,881 -¥18,119 -¥18,119
190日目(2018年12月) ¥1,060,000 ¥910,695 -¥149,305 -¥149,305
210日目(2019年1月) ¥360,000 ¥237,794 -¥17,964 -¥122,206
550日目(2019年12月) ¥480,000 ¥404,923 ¥30,200 -¥75,077
560日目(2020年1月) ¥480,000 ¥406,465 ¥31,727 -¥73,535
910日目(2020年12月) ¥600,000 ¥539,100 ¥57,613 -¥60,900

これまでの経緯をざっくりと

2018年6月→元本100万円で開始(毎月1万円を積み立て)
2018年12月→70万円を解約(約10万円の損失)←ばか
この70万円の解約が愚かでした・・・、評価損益がどんどんマイナスになり怖くなってしまったんですね。

楽ラップのパフォーマンスとしては「評価損益」を参考にしてください

楽天証券

楽ラップでの資産推移

元本 評価額 評価損益 投資来損益
920日目(2021年1月) ¥600,000 ¥541,981 ¥60,495 -¥58,019
930日目 ¥600,000 ¥555,646 ¥74,487 -¥44,354
940日目 ¥610,000 ¥569,057 ¥77,513 -¥40,943
950日目(2021年2月) ¥610,000 ¥575,736 ¥84,186 -¥34,264
960日目 ¥610,000 ¥588,400 ¥97,158 -¥21,600
970日目 ¥620,000 ¥595,001 ¥93,756 -¥24,999
980日目(2021年3月) ¥620,000 ¥582,341 ¥80,796 -¥37,659
990日目 ¥620,000 ¥601,899 ¥100,705 -¥18,101
1000日目 ¥630,000 ¥605,777 ¥94,584 -¥24,223
1010日目(2021年4月) ¥630,000 ¥622,333 ¥111,133 -¥7,667
1020日目 ¥630,000 ¥624,962 ¥114,121 -¥5,038
1030日目 ¥630,000 ¥621,371 ¥104,601 -¥8,629
1040日目(2021年5月) ¥640,000 ¥635,587 ¥108,850 -¥4,413
1050日目 ¥640,000 ¥625,501 ¥99,149 -¥14,499
1060日目 ¥650,000 ¥647,304 ¥110,951 -¥2,696
1070日目(2021年6月) ¥650,000 ¥657,287 ¥120,907 ¥7,287
1080日目 ¥650,000 ¥664,802 ¥128,803 ¥14,802

 

楽ラップ運用実績【2021年6月】

 

2021年6月16日

運用開始から1080日目

評価損益→プラス128,803円

投資来損益→プラス14,802円

 

ああもう、順調そのもの・・

 

今、投資家界隈で話題になっているのはFRB(米国の中央銀行)によるテーパリング(量的緩和)。

 

FRB??テーパリング??

なにそれおいしいのって感じですよね

 

FRB→アメリカの中央銀行。日本だと中央銀行は日本銀行。

テーパリング→量的緩和の段階的縮小のこと。

(例えばコロナショック後、米経済を支えるためFRBはお金をどんどん発行し米国債などを買ったりしてきました。日本でも日銀は株価を買い支えるため日経やTOPIXのETFを買ってきました。このおかげで、コロナで大暴落した後、とんでもないスピードで株価は上昇したんですね。で、この買い支えを縮小するって言うのがテーパリング)

 

経済も回復がそろそろ期待できるし、テーパリングが予定よりも早くなるんじゃないかって心配されています。

 

これまでは、先ほど述べた金融緩和で債券や株を中央銀行の買い支えがあり株価は順調に上がってきた(NYダウやS&Pは史上最高値を更新中)けど、この金融緩和が縮小されると今度は株価が下がっていくんじゃないかと心配なのです。

 

でもですよ、楽ラップのような長期投資においては心配しなくていいんです。タンタンと積み立てを続けたらいいんです。

 

株価が下がれは同じ積み立て金額でも多く買えることになるんです。

 

ひらーき
ひらーき

まだ楽ラップ始めて3年くらいだけど、2018年末、2020年3月(コロナ)の暴落&その後の上昇と、いい経験してきたわ。

ナンシー
ナンシー

FRBやらテーパリングの説明までしだしたわっ、よく知らないくせに・・

2021年6月6日

運用開始から1070日目

評価損益→プラス120,907円

投資来損益→プラス7,287円

キタ━ーー(゚∀゚)━ーー!

 

とうとうこの日が訪れました・・・

投資来損益がついにプラスへ!!!!!

 

うっ、嬉しい、長かった、、、楽ラップを開始して早々に10万円以上の損失を確定すると言うアホ愚か者な私ですが、この損失を取り戻すのに2年半かかりました・・・

 

なんだかようやくスタートラインに立った感じです。。。

100万円で始めて70万円解約し、毎月1万円を積み立ててきたので今現在の投資元本は65万円。

 

ちょうど3年が経ち、ようやく7,287円のプラス・・・・・

何やってんだろ・・・アホすぎてワロエナイ

 

3年間10日ごとに楽ラップの成績を追ってきたわけですけども、長期積み立ての良さをひしひしと感じているところです。

 

積み立て投資を始めるタイミングによっては、いきなり含み損を抱える時期に突入することもあるかと思います、実際に私がそうでした。100万円でスタートして半年も経たないうちに90万円くらいまで減ってしまったのです。(そこで70万円を解約してしまい損失を確定してしまったわけで・・・)

 

その後少し回復してきたかなーって頃にコロナショックと言う大暴落がやってきました。あんな暴落があったにも関わらずタンタンと積み立てを続けて今やプラスに転じたのです。

 

ひらーき
ひらーき

早く始めれば始めるほど時間を味方につけれる、10年くらい早く投資に興味を持ててれば良かったな・・・

ナンシー
ナンシー

これからの10年後を楽しみに待とうか

楽ラップ運用実績【2021年5月】

 

2021年5月26日

運用開始から1060日目

評価損益→プラス110,951円

投資来損益→マイナス2,696円

 

あー、もどかしい、あと少し、あと少しで投資来損益がプラスに・・・

2年半前に確定した10万円以上の損失がもう少しでチャラに・・・

 

あの時の損失を未だ取り戻せていない、2年半も経ったのに

何やってんでしょう、ほんとバカ、馬鹿バカ

 

3年前に投資のことなど何もわからず始めた楽ラップ、しかも100万円スタートで。

それから半年も経たないうちに、あれよあれよと評価額が90万に。

 

いきなり100万円が90万円になったことにビビってしまい、その時点で70万円分を解約してしまったのです。

 

ナンシー
ナンシー

おろか、おろかね

初心者にしてもヒドイ失敗をしてしまい、確定した損失10万円。

取り戻せる日はもうすぐか???!

2021年5月16日

運用開始から1050日目

評価損益→プラス99,149円

投資来損益→マイナス14,499円

 

3月中旬以降、ちょっと足踏み状態でしょうか、あまり動きがなくなってきたように感じます。

 

前回、私は仮想通貨をガチホしていると書きました。楽ラップの事を知りたくてこの記事にたどり着いた方の中には、仮想通貨に興味はあるけどお金を投じてみるほどでもない、そんな方もいるかと思います。

 

今日は、お金を投じずとも仮想通貨を得る方法と言う記事を書きました、読んだあとすぐに始めることができる内容なので、少しでも興味があるって方は覗いてみてください。

無料で仮想通貨BATをもらう方法、ブラウザをBraveに変えるだけでOK。
仮想通貨持ってますか?? 話題になってるし興味はあるけど、「いまいちよく分からない」、「なんかこわい」、「かと言って調べるのも面倒」と思っていませんか? はい、その通り!! ややこしいし、分からなさ...

2021年5月6日

運用開始から1040日目

評価損益→プラス108,850円

投資来損益→マイナス4,413円

 

もどかしい、もどかしすぎる、あと少しなんです、あと少しなんですよーーー

投資来損益がプラスになる日はそう遠くないはず。

 

ブログを書くために楽ラップの成績を10日ごとにチェックしている私ですが、本当はもう半年に1回確認するくらいで良いと思うのです。

 

超長期での投資では、もう投資している事を忘れてこまめに見ない方が良いですね。

 

と言うのも、私はビットコインを2017年の夏頃に初めて買ったのですが(投資デビューは仮想通貨・・)その時1BTCが40〜50万円、2017年末には大暴騰で1BTCが約220万円をつけました。

 

ところが2018年に入り大暴落、だらだら下げ続け2019年2月には1BTCが40万円を割るところまでいきました。

 

私は買ったり売ったりはなんだか難しそうなので、ずっとガチホしていたのですが、もうこの頃にはビットコインに興味も持てず損益を見ることもなくなっていたのです。

 

時は経ち2021年5月現時点で、1BTC約630万円!!!!!

まだまだガチホでいきます。

懐かしい記事、保有銘柄や保有数も公開してましたww

【仮想通貨】保有資産をブログで公開「2019年5月末ver.」
仮想通貨買ってますか?? 最近ビットコインの価格が急上昇し始めたので、半年ぶりに保有している仮想通貨が現在どうなっているのか精査してみました。 前回の仮想通貨の記事から半年...

 

超長期・積み立て・ガチホ投資は、日々の値動きを気にせず忘れてしまいましょう。

楽ラップ運用実績【2021年4月】

 

2021年4月26日

運用開始から1030日目

評価損益→プラス104,641円

投資来損益→マイナス8,629円

 

分散投資は大事というけれど、国内債券っているか???

というのも、過去1年くらい楽ラップの成績をザーッと見返してみると国内債券の評価損益はほぼほぼマイナスっているのです。

 

投資の配分比率は1%に満たないのでそれほど全体に影響してませんが、だいたいマイナスってるのです。

 

債券って、株式の暴落時に資産減少を和らげてくれるものってイメージなのですが、コロナ暴落時はどうだったのか、当時の画像を見てみましょう。

 

2020年3月16日のものです。

おやっ、全体的にマイナスってる中、国内債券のみプラス7円!!!!!

(外国債券はマイナスですが・・・)

 

私は運用コースを「かなり積極型」にしていて債券の比率が低いので、これと言って債券の恩恵はあまり感じられなかったように思います。

 

債券ってよほどの資産を持ってる人向けでしょうか・・・

2021年4月16日

運用開始から1020日目

評価損益→プラス114,121円

投資来損益→マイナス5,038円

 

もうあと少し!!!投資来損益がプラスに転じるまであと少し!!!

 

今いちど「投資来損益」とは

投資来損益=①現在の評価額ー(②購入額合計ー③解約額合計)

私の場合

①現在の評価額→624,962円

②購入額合計→1,330,000円(もともと100万円で開始➕毎月1万円積立で現在33万円)

③解約額合計→700,000円(2018年末に70万円分解約)

 

これを計算式に当てはめると

①624,962ー(②1,330,000ー③700,000)=マイナス5,038

となり、投資来損益マイナス5,038円が出ます。

 

ややこしく感じるかもですが、一度も解約をしたことがなければ

評価額=投資来損益となります。

 

2018年末に70万円を解約したことで10万円以上の損失を確定した愚かな私ですが、ようやくあと少し、あと5,000円くらいで損失を埋め合わせることができるのです。

 

2年以上経っても、あの時の損失をカバーできていないので、マジで2年前の自分に

 

ばかやろーーーーーー!!!

 

って言ってやりたいのです。

 

この投資来損益がプラスになってこそ、本当のプラス・・・

それがもう目前まで迫っているのです・・・

2021年4月6日

運用開始から1010日目→プラス111,133円

 

気がつけば、楽ラップを始めてもう1000日を超えてるんですね〜

 

投資来損益がようやくマイナス7,667円に!!!!!!!

 

楽ラップを開始して半年も経たないうちに10万円以上の損失を確定した愚かな私ですが、ようやくその損失を埋めてくれそうな気配がプンプンしてきました。

 

コロナショックという大暴落を経てNYダウやS&P500は最高値を更新中。

一方、日経平均は30年以上ぶりに3万円を突破後、3万円を割ったり突破したりと、3万円近辺をウロウロしつつ、高値は少し切り下げてきているような感じ。

 

こーなると、移民国家で人口が伸び続けているアメリカ、少子化で人口が減り続けている日本とで、経済が成長していくのはアメリカだろう説がやっぱり濃厚であり、米国株に投資した方がパフォーマンスを期待できそうだなと感じてしまいますね。

 

 

楽ラップ運用実績【2021年3月】

 

2021年3月26日

運用開始から1000日目→プラス94,584円

 

日経平均は

2月→30年半ぶりに3万円を突破

3月4日→2万9千円を割ってしまう

3月18日→再び3万円を突破

3月23日→再び2万9千円を割る

3月26日(今日)→2万9千円を取り戻す

 

3万円を突破したからといって、そう簡単にはその上へ行けませんね・・

日銀は19日、ETF(上場投資信託)の買い入れを、日経平均株価連動型は対象から外し、TOPIX連動型に限定すると発表。

 

日経平均は代表225社の平均株価で、ユニクロのファーストリテイリングだったり、東京エレクトンなど株価の高いもの(値がさ株)の影響が大きく、そういった株はなかなか一般の個人投資家には買えないんですよね・・・

なので日経平均が上昇しても、自分の持っている株の価格はこれといって上がってないこともしばしば。

 

TOPIXは東証1部上場全銘柄を対象としているので、どちらかと言えば、TOPIXが上がってくれた方が保有している個別株は調子良いんだよな・・

 

 

 

2021年3月16日

運用開始から990日目→プラス100,705円

 

おお〜、評価損益が初めてプラス10万円を超えた・・・

投資来損益もマイナス18,101円となり、10万円以上の損失を確定してから2年3ヶ月、ようやくその時の損失をチャラにできる日が近づいて来たようです。

 

コロナショック後から楽ラップを始めた人は、ほぼずーっと含み益が出ている状態であろうかと思います。

 

一方、コロナ直前から始めた人は、すぐに大きく含み損を抱えることになり、毎月積み立てを行なっていても、しばらくの間マイナスの期間を味わったことでしょう。

 

でも大事なのは、どちらのタイミングで投資を始めていたとしても、途中でやめることなく淡々と続けているだけで、今現在は含み益にニヤニヤできているのです。

 

積み立て投資に関しては、いつ始めるかタイミングをはかる事は重要ではなく、1年でも2年でも早く始める事で運用期間を長くとれる方が重要と考えます。

ひらーき
ひらーき

複利効果を得るには時間がかかるからね

2021年3月6日

運用開始から980日目→プラス80,796円

 

なんだか最近、NYダウや日経平均といった株価指数の1日の動きが大きくなり不安定となっています。

 

日経平均は3万円台を突破したのもつかの間、2月25日を最後に3万円を割ったままで、3月5日は29,000円も下回って終えました。

 

もしかしたら、天井をつけてしまったのかなと言う雰囲気もただよう中、3月5日に米国雇用統計が発表され、雇用者数の増加、失業率の低下が市場の予想を上回る良い結果に。

 

これを受け、米国主要3指数のNYダウ、S&P500、ナスダックは上昇。

 

超長期運用の楽ラップなんかの場合は、あまり気にすることではないけど、短期売買を行なっている人にとっては、月曜日の株価に大きく影響してくるので週末の米国ニュースはかなり重要なものに。

 

短期売買をしている私としては、ちょっとホッとしています・・・

こんな風にハラハラドキドキするのは投資ではなく完全に投機(ギャンブル)ですね・・

 

ひらーき
ひらーき

あくまでもメインは長期投資!!!

ナンシー
ナンシー

短期は資金をあらかじめ決めてドキドキを楽しむものとする

楽ラップ運用実績【2021年2月】

 

2021年2月26日

運用開始から970日目→プラス93,756円

 

ナナナなんと本日、

 

日経平均が1,200円も下落!!!

 

終値は29,000円を割り込み、28,966円。

 

今回の急落は、アメリカの長期金利の急上昇が背景にあるとか。

コロナ暴落後の株価回復は、アメリカをはじめとした各国の金融緩和が支えてきていたものの、まだまだ長く続くと思われていた金融緩和が、もしかしたらそれほど長期化しないのでは?という思惑からアメリカ株が下げ、連鎖して日経も下げた感じ。

 

うん、もう難しいわ、小難しいわ。

これが理解できたとて、じゃーどうすれば良いのか分からんし。

 

そう、上がっても下がっても理由なんて後から「あーだった、こーだった」と言われるだけ、だからできる事はこれ

 

つ・み・た・て・投・資

 

最初の1〜2年ははっきりいって、すごさを感じる事はできなかったけど、3年近く経ってようやく「なかなかやるやん」くらいに感じています。

 

2021年2月16日

運用開始から960日目→プラス97,158円

 

日経平均が3万円を突破!!!!!

 

3万円台というのは30年6ヶ月ぶりの事。

NYダウなんかは過去最高値を更新中ですが、日経の過去最高値は3万8915円(1989年末)なので、最高値まではまだ距離があります。

 

2020年2月→2万3000円くらい

2020年3月→1万6500円くらい(コロナショック)

2021年2月→3万円

 

ちょっとこの1年の動き激しいですよね・・・

 

コツコツと楽ラップでは積み立て投資をしているのですが、この上昇相場で良い感じに含み益が大きくなっています。

 

短期の売買にもチャレンジしている私ですが、そちらは箸にも棒にもかからない状態で損失を出し続けています・・・

 

だからこそ余計に思うのは

 

積み立て最&高やん

 

もし誰かに「投資ってものに興味が出て来たんだけど、何から始めれば良いの?どうすれば良いの?」って聞かれたら、絶対こう答えるわ

 

 

ってね

2021年2月6日

運用開始から950日目→プラス84,186円

 

あれっ、すごく地味な話なんですけど、下落ショック軽減機能の名前が「TVT」から「DRC」へと変わりましたね

 

赤丸をしたところ

英語表記が変わっただけで内容は同じようです。

 

楽ラップを始めた頃はこの「下落ショック軽減機能」を「あり」の設定にしていましたが、コロナ暴落のあとしばらくしてから「なし」に変更しました。

 

というのも、これは株価の値動きが大きくなってきた場合に「株式」の比率を下げて、「債券」の比率を上げる事により、暴落時の損失をやわらげる効果が期待できるというものです。

 

公式ページより引用

 

ただし、この「相場が落ち着いたら通常の配分に戻す」の間に株式市場が上昇してしまった場合、その上昇分を取れないデメリットもあります。

 

コロナ暴落の後、株式はかなり早いスピードで回復していったので、おそらく「設定なし」の方がよかったパターンだったのではないかと感じました。

 

なので当初は「そりゃー、損失が大きくならない方が絶対いい!!」と思い「設定あり」にしていましたが、「なし」の方が良いかなと考えが変わり「なし」に変更したわけです。

 

楽ラップ運用実績【2021年1月】

 

2021年1月26日

運用開始から940日目→プラス77,513円

 

楽ラップを始めて2年半くらい経つのですが、ようやく「積み立て投資ってすごい」

そう思ったのです。

 

2018年6月に開始してからというもの、2018年末の暴落、そこから少しずつ少しずつ回復してきてプラスになったのもつかの間、2020年3月コロナショックで大暴落。

 

ほとんどの時期、評価額がマイナスという状態が続いていました。

正直つらかった・・、面白くなかった・・。

 

でもそのマイナスの期間の積み立てが今になってプラスに働いているわけです。

マイナスの状態というのは、それまでよりも安く買い付けることができるという事。

 

始めたての頃は「おいおい、ずっとマイナスじゃないかっ!!チクショー」っていう感情だったのが、もし今後マイナスの時期がやってきても「げっ、マイナスかっ!!でもまあ仕込みの時期ってことかな」と思えるはず。

 

ナンシー
ナンシー

成長したわ〜

2021年1月16日

運用開始から930日目→プラス74,487円

 

とととっ

 

投資来損益がマイナス4万円台にっ!!!

 

投資来損益とは

投資来損益=①現在の評価額ー(②入金額の合計ー③解約額合計)

私の場合は

①現在の評価額→555,646円

 

②入金額の合計→1,300,000円(もともと100万円で開始し、毎月1万円の積み立てを行なっていて積立額が30万円)

 

③解約額合計→700,000円(2018年末に実行、この時に10万円以上の損失を確定)

 

これを計算式に当てはめると

555,646ー(1,300,000ー700,000)=マイナス44,354

となります。

 

2018年末にちょっとした暴落があり、100万円の元本からあれよあれよと90万円くらいに減少し、何だか怖くなりおろかにも70万円分を解約したのです。(今考えると、めちゃくちゃ恥ずかしいんですけど・・・)

 

その時に10万円以上の損失を確定してしまったのですが、それから2年たった今ようやくその損失が4万円くらいまでに減少してきたというわけです。

 

2018年の暴落でも、2020年のコロナ暴落でも、どちらもその後は暴落前よりも株価は高値をつけています。

 

なので毎月の積み立てを基本にしつつ、暴落で評価額が大幅にマイナスになろうものなら追加で入金してやる!それくらいの気持ちになりました。

 

同じ失敗はもうしまい・・・

2021年1月6日

運用開始から920日目→プラス60,495円

 

どーも、2年前に元本100万円のうち70万円を解約し10万円くらいの損失を確定した愚か者です。

2年経った今も「投資来損益」はマイナス約5万8千円と、あの時の損失を埋めることができていません・・

 

大事なことなので何度も言います。

評価額がマイナスになったからといって安易に運用を辞めてはいけません。

むしろマイナスが大きくなったのであれば、「追加で入金してやる!!」くらいの気持ちでいるべきです。

 

コロナショックのような大暴落があっても、今現在コロナ以前よりもNYダウや日経平均は上昇しています。

 

楽ラップのような超長期投資においては、頻繁に成績を確認する必要などなく毎月コツコツと積み立てをし半年に1回くらいどうなってるのか確認するくらいでもOKなんです。(私はブログをしてるので10日ごとにチェックしてますけど、本来そんなにチェックしなくていいのです。)

 

短期で大きく増えることはないけど、余剰資金を10年20年銀行に預けていても全く増えないので、なるべく早い段階で積み立て投資を始める事をオススメします。(あくまで余剰資金です、収入から生活費を引いて余ったもの)

 

ひらーき
ひらーき

10年くらい早くこの事に気づきたかった・・・

コメント

  1. […] 楽ラップの運用実績をブログで公開【2021年Ver.】 ロボアドバイザーでおまかせ資産運用の「楽ラップ」 2020年3月からは最低投資金額が1万円から利用できるようになり、かなり気軽に取り […]